年金記録漏れ救済に新たな動きが?

この記事は1分で読めます

こんにちは! 年金☆マスターの高路(こうろ)瑞穂です。

読売新聞によりますと、

納めたはずの年金記録が漏れている場合、

第三者委員会で「もっともらしい」と判断されないと、

その人の記録と認められませんが、

基準を緩和し申請通り救済するという厚労相案が示されました。

認められるのは画期的なことですが、

まだまだ超えなければ成らないハードルが高いように思います。

今後の動きに注目したいですね。

では、また☆

ペタしてね


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。